グランフォーレ春日原スタッフブログ

グランフォーレ春日原スタッフブログ

いよいよお引渡し時期です。

  • 2017-09-26 (火)

みなさん、こんにちは。
先日9月3日に「グランフォーレ春日原」 の内覧会がありました。

天気 も良く、心地よい天候の中での開催でした。

内覧会は、1階部分からオートロックの解錠の仕方や、宅配ボックス、メールボックスの扱い方などご説明、その後、それぞれのお部屋を見てもらい部屋の仕上がり確認チェック。共用部分のごみ置き場、駐輪場等も見て頂き、最後に各担当より諸手続きの説明。

短い時間の中、順番にご案内させて頂いたのですが、みなさんお越しになるのがはやく・・・。おかげ様で、スムーズにご説明をさせて頂くことができました。ありがとうございました。



早い方は、今月末より、いよいよお引っ越しが始まります。

「グランフォーレ春日原」 も引渡しに向けて最終チェックを行っております。
ご契約者の皆様、お引っ越しの準備大変だと思いますが、ご準備進んでいますでしょうか。新しい部屋用に、家具や、カーテンなどもの新調される方もいらっしゃるかと思います。大変ながらも、楽しい時間だと思います。楽しみながら、引っ越し準備されて下さいね。



グランフォーレシリーズでは、現在「グランフォーレ大橋テラス」「グランフォーレ藤崎レジデンス」「グランフォーレ諏訪野プレミアム」「グランフォーレ京町レジデンス」のファミリータイプのモデルルームをご案内しております。
マンションのご購入を検討されている方、ご興味がある方は是非、グランフォーレシリーズのモデルルームへお越しください。ご来場お待ちしております。


工事新着情報④

  • 2017-08-31 (木)

みなさん、こんにちは。

最近、涼しくなってきて、過ごしやすくなってきましたね。

季節の変わり目を感じている今日この頃です。

 

さて、さて、「グランフォーレ春日原」が、姿を現しました。



いかがでしょうか。

 

当物件は落ち着いた街並みと、

都心アクセスが両立する立地の恵まれた住環境を活かすよう、

内外ともにディテールにこだわり、色褪せないレンガ調のタイルを基調とした

端正なフォルムは「邸宅」を語るに相応しい品格を感じさてくれます。

また、質感のあるマテリアルが、洗練された住空間を醸し出し、

この地に住まう方の理想的な暮らしを実現するよう設計されています

 

すでに街並みに馴染んでいるように感じますよね

 

 

続いて館内のご紹介。



こちらは風除室です。

風除室ってあまり聞きなれない言葉ですが、

外気の流入や風の吹きつけを緩和する目的で、建物の入口前に設置された

小さな部屋のことです。写真では見えていませんが、奥に郵便受けや、宅配ボックス、

管理室が設置されています。

 



風除室の先のオートロックを抜けると、エントランスがあります。

壁には「自然石タイル」を使用し、白を基調とした空間となっております。

 

また、テブラキー1つが標準仕様となっておりますが、

このテブラキーは、エントランスへ入る時に大活躍

両手がふさがっていて、カバンの中から鍵を出す事が出来ない時でも、

テブラパスリーダーが認証し、解錠してくれます。とっても便利ですよね

他の物件でも便利だと人気のテブラキーです。



続いてお部屋のご紹介。

AタイプとCタイプのお部屋です。異なる間取りですが、

グランフォーレシリーズでは「カスタムメイド」をご提案しており、

無償でカラーセレクトが出来ます。フローリングや、クロス、建具を

3つのカラーテイストからご自由にお選びいただけます。

自分達で選べる楽しさも人気の1つです。


 

内覧会まであと数日。

皆様にお披露目出来る様、作業を進めております。

ご契約者の皆様、

内覧会で皆様のお部屋のお披露目が出来出ることを楽しみにしております。

 


「グランフォーレ春日原」はおかげさまで完売いたしました。

只今、キャンセル待ち受付中ですが、

グランフォーレシリーズは各拠点で展開しております。

ご興味がございましたら是非お問い合わせください!


工事進捗状況③

  • 2017-07-31 (月)

みなさん、こんにちは。

毎日暑いですね。梅雨が明け、さらに暑さを感じておりますが、

みなさんはいかがでしょうか。

熱中症の予防と対策には、水分補給が大切です。

水分補給はしっかりされてくださいね。

 

本日は「グランフォーレ春日原」の工事進捗状況”第3弾”です。



全景風景です。

前回と同じことをお伝えさせて頂きますが、変化はありません。

ですが、いよいよ来月8月シートが取れます。

お盆過ぎには外観が見れます。

是非、実際の「グランフォーレ春日原」の姿を見に行ってみてください



完成予想図です↑。

落ち着いた街並みと、都心アクセスが両立する立地に誕生する

「グランフォーレ春日原」

この恵まれた住環境を活かすよう、内外ともにディテールにこだわった外観。

色褪せないレンガ調のタイルを基調とした端正なフォルムは「邸宅」を語るに

相応しい品格を感じさせてくれます。

 

姿を見るのが待ち遠しいです

 



シートの中の様子です。

5階コンクリート打設前全景です。



コンクリート打設後です。

これで屋上まで終わりました。

 



消防署の中間検査です。各消防用設備(消火、警報、避難等)が、

消防法に則って設置されているかを消防職員の方が検査するのですが、

この検査に合格しないと次の工程に進めません。(もちろん合格しました。)

 



こちらは性能検査の様子です。

当マンションには施工プロセスを第三者機関(日本ERI株式会社)がチェックする

『性能評価』を備えているので、住まいの安心をしっかり保証します。

 



室内状況ですが、こちらは2階です。

仕切りがあるので、部屋の雰囲気が分かりますね。



3階です。



4階です。



そして5階です。

配管を通している状況です。

 

8月下旬の完成に向けて作業は着々と進んでおります。

 

次回もお楽しみに♪


工事進捗状況②

  • 2017-06-28 (水)

みなさん、こんにちは。

 

1ヶ月経つのは早いですね。前回更新してからあっという間の1ヶ月です。

さて、本日は「グランフォーレ春日原」の工事進捗状況”第2弾”です。



まずは、全景風景。

・・・変化が分かりません。

先月より、覆われている部分の高さが高くなったかな。

という感じです。

ですが、外観を覆っているシートの中では作業は進んでます



4階コンクリート打設前状況です。

打設(ダセツ)とは、コンクリートを流し込むことです。

建物の基礎を作る大切な打設。

第三者機関による、コンクリートの品質強度検査を行っています。

 



【コンクリート検査】
●フレッシュコンクリート試験
打設する前のフレッシュコンクリート(いわゆる生コン)の時点で粘度や塩分濃度、空気量などを調べ、予定値の固さと大きく違わないか確認。同時に4週間後の検査のサンプルを採取します。

●コンクリート圧縮強度試験
打設から4週間後に、打設時に採取したサンプルでコンクリートの圧縮強度を測定。サンプルを圧縮機で壊し、計画通りの強度になっているか確認します。


コンクリートを流し込んでしまうと、どのように固められたかが分かりませんよね。

流し込む前の状況は写真のような状況です。

ボイドスラブ工法を採用していて、上記打設前の写真の白く見えるのが

ボイドスラブです。置床工法により、その上に床材を直貼りせずフロアを上げるなど、

上下階の生活音の低減を実現します。



コンクリートを流し込んだ後です。綺麗に流し込まれていますね。

 



2階の室内状況です。

窓などの配置状況から、Aタイプのお部屋かなと思いますが、

まだ部屋のイメージが分かりませんね。次回どれぐらい進んでいるのでしょうか

楽しみです。

 

それでは。次回もお楽しみに!


工事進捗状況①

  • 2017-05-30 (火)

みなさん、こんにちは。

久しぶりにブログのアップをします。

 

「グランフォーレ春日原」の工事がどんどん進んでおりますので

不定期ではありますが、

月1回程度工事進捗状況をブログに掲載していきたいと思います



全景写真です。

筑紫通りに面した「グランフォーレ春日原」

しかも、

西鉄「春日原」駅からも、JR「春日」駅からも徒歩5分の距離にあり好アクセス

 

グレーのシートに囲われて外観が分かりませんが、着々と工事は進んでおります。

 



シートの中での状況です。

こちらは2階躯体3階床部分です。

躯体(くたい)とは、

建物を構成する構造体、骨組みのことで、重要な役割をします。

これから、コンクリートを流し込んでいきます。

 



1階エントランス部分です。

奥がエレベータ部分になるのでしょうか・・・。

まだよく分かりませんよね。

次回の進み具合が楽しみです。

 


「グランフォーレ春日原」はおかげさまで完売いたしました。

只今、キャンセル待ち受付中ですが、

グランフォーレシリーズは各拠点で展開しております。

ご興味がございましたら是非お問い合わせください!


More...

グランフォーレ春日原スタッフブログ

検索
購読
関連リンク
  • グランフォーレクラブ
  • グランフォーレ春日原
  • 資料請求

ページの先頭へ戻る▲